10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

  ミニスカート   63 

圭一は待ち合わせの時間ちょうどに店にやって来た。
私はカフェの窓から休日の家族連れなどでごった返す街の様子をぼんやり眺めていた。

「すみません。遅くなりました。」
ふいをつかれた形で目の前に現れた彼を見て、私は何故か慌てた。
ネイビーのポロシャツに細身の白いコットンパンツの圭一は、ゆるいウェーブのかかった短めの黒髪をかき上げながら微笑んでいた。
シトラス系のコロンの香りが微かに漂った。

「いつもと雰囲気が違いますね。」
真向かいに腰かけた彼の真っ直ぐな視線に動揺する気持ちを隠す為、私は淡々と聞き返した。
「あなたこそ、工場にいる時と大違い・・・。」

圭一はガラステーブルの下の私の足にちらりと目をやると、静かに呟いた。
「ミカさん、綺麗っすね・・・。」
彼のうっとりとした表情に私はどきどきした。

すると、二人同時にある事に気がついた。
「あ・・・!」

紺色のノースリーブのブラウスに白いミニスカート。
私は二人の服の色が同じ組み合わせなのに驚いた。
おまけにスニーカーとパンプスも同じ白だった。

「まるっきりペアすね。」
「もう・・・ やだ。」
可笑しくて、二人して暫らく笑い続けた。

店を出ると、ショッピングモールに向かって私は彼と肩を並べて通りを歩いた。

圭一は清潔で華があり、人目を引いた。
「ミカさん、見られてますよ。」
「違うわよ、あなたじゃない・・・。」
彼は自分が目立っている事に気づいていない様子だった。

それから私達はショッピングモールの店を見て回った。

「これ、似合いますよ。」
圭一は鮮やかなオレンジのワンピースを私の首に当てた。

「いいわよ、私の事は・・・。」
私が苦笑して制しても、彼は楽しそうに繰り返しいろいろ運んで来た。

アクセサリーの店で、私は指輪が並んでいるのを見つけた。
様々なデザインの、色とりどりのアクリルのリングがあった。
私はひろかずに指輪をもらった時の事を思い出していた。

「気に入ったの?」
近づいて来た圭一は、私が手にとってじっと見入っていた薄いピンクのリングをさっと奪ってレジに向かった。
「プレゼントなんです。」
店員にそう告げると、彼は振り向いて微笑んだ。

私は呆気にとられて何も言えなかった。


買い物が終わって外に出た二人は、再び肩を並べて歩いた。
すれ違う人が振り返った。
ペアな服と年の差が人の目にどう映っているのかが気になった。
私は気後れして圭一から少し遅れ始めた。

「どうしたの?疲れちゃった?」
圭一は私の手をとって引き寄せ、立ち止まって私の肩をそっと抱いた。
私は鼓動が早くなるのを感じた。

「ねえ・・・ プレゼント、あれでいいの?」
怪訝な顔の私に彼はにこやかに笑って言った。

「気に入ってたみたいだから・・・。」
そう言って、私に指輪が入った紙袋を差し出した。

「え? どういう・・・ 」

圭一は真剣な表情で言った。
「彼女とは、アルバイトを始める少し前に別れたんだ・・・。」


私は驚き、どういう事なのかを理解しようとして頭の中がぐるぐる回った。



(続く)









スポンサーサイト

[edit]

«   ミニスカート   62  |    ミニスカート   64 »

この記事に対するコメント

ミカちゃん今晩は~

連載開始嬉しいで~す

frammento #- | URL | 2011/08/18 21:40 * edit *

Re: タイトルなし

frammentoさん、有難うございます。

ぽつぽつと書いていくつもりです。
気長に待ってて下さい。(笑)

Mika♪ #- | URL | 2011/08/18 22:44 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/08/22 22:20 * edit *

Re: タイトルなし

フィクションです・・・。(笑)

Mika♪ #- | URL | 2011/08/23 00:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mikatamura.blog9.fc2.com/tb.php/117-f7accf12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。